特別養護老人ホーム

浮間こひつじ園では入居者様一人ひとりが生きがいを持ち充実した生活を送れるよう、個別性を重視したサービス提供に向け「個別ケアの実践」「寄り添うケアの実現」「安心で快適な居場所づくり」に取組んでいます。
各ユニットには、居間・食堂・談話コーナーがあり、家庭的で明るくゆったりとした生活を送っていただけます。
また、「ユニット型特養」「従来型特養」の利点を生かし、ご入居者様のニーズに合わせた対応が可能です。

ユニットケアとは

ユニットケアとは個別の暮らしをサポートするケア手法のひとつです。

その方が今まで大切にしてきた暮らしや生活習慣にこだわり、入居時に今まで使用していた愛着のある品々を自由にお持ちいただけます。
また居室には洗面が備え付けられており、高い居住が確保できています。

たとえ寝たきりの状態であっても、ご自身のできることやご自身で決められることを見つけてサポートしていきます。
また、ユニットには10室ごとにひとつの共同生活スペースがあり、10名が「暮らしの仲間」として生活を送ります。
生活をサポートする職員も専属配置されており、顔なじみの「いつもの人」が安心・安全のサポートを行います。

尊厳を保つ

生活の基本行為である起床・食事・入浴・就寝等は、今までの暮らし方の継続を基本としながらサポートします。
入居者様のペースで暮らしが営まれることを、私達は何よりも大切にしています。

いままでの暮らしと変わらない暮らし

食事・入浴・洗濯・お茶の間など、「暮らしの場」をひとつのユニットして、使いやすいように工夫しています。
暮らしをサポートする職員も専属配置なので「いつもの人」として顔なじみの関係が築けます。

自分の居場所

自分だけの場所、ほっとする場所も必要です。
居室には、今まで使用していた家具や愛着のある品々をお持ちいただく事が出来ます。
洗面台も備え付けていますので、洗面はもちろん、ちょっとした洗いものも出来ます。

ほかの入居者様との交流

同じユニットのいつもの暮らしの仲間だけではなく、外の仲間との交流も大切にします。
同じ趣味を楽しんだり、おしゃべりをしたり、一服しながらお外を眺めるのも気分転換になります。

サービス内容

食事

栄養士の立てる献立表により、栄養と入居者様のお身体に配慮したバラエティに富んだお食事を提供します。
お食事はできるだけ離床して食べていただけるように配慮します。
離床・着替え・整容など

寝たきり防止のため、出来る限り離床に配慮します。
また生活のリズムを考え毎朝夕の着替えを行い、適切な静養が行われるように援助します。
入浴

1年間を通じて、定期的な入浴または清拭を行います。
身体状態が重度の方でも、機械浴槽を使用して入浴することができます。
相談・援助

入居者様及びそのご家族さまからの相談についても誠意をもって対応し、可能な限り必要な援助を行うように努めています。
健康管理

定期往診の医師や、看護職員が入居者様の健康管理を行います。
排泄

入居者様の状況に応じて適切な排泄介助を行うとともに、排泄の自立についても援助を行います。

提携医療機関

医療を必要とする場合は、ご希望により下記協力医療機関において診療や入院治療を行うことができます。

※優先的な診療・入院治療を保証するものではありません。
※下記医療機関での診療・入院治療を義務付けるものではありません。

医療法人社団慈誠会 浮間舟渡病院
住所:東京都板橋区舟渡1-17-1
TEL :03-5994-5111
ホームケアデンタルクリニック城北(訪問歯科診療)
TLE :03-6783-7118

施設概要と入居のご案内

施設概要

◆建築延床面積:4,758.31㎡
◆建物の構造:鉄筋コンクリート造地下1階地上4階建
◆定員:ユニット型個室70室、従来型多床室30室
◆事業主体:社会福祉法人千葉育美会


入居ご希望の場合

北区では、多くの入居希望の方々の公正を図るため、
受付は北区高齢福祉課窓口・各高齢者安心センター(地域包括支援センター)で行っています。


申込受付は年2回(2/1から3/31、8/1から9/30)行っています。
北区民が優先となりますが、区外の方でもお申し込みは可能です。

^